So-net無料ブログ作成
検索選択

検定試験講評(E級) [雑談]

7月に行われた、2007年度第2回の試験問題を手に入れました。
今回は、バタオネ氏の手を離れてから初めての試験ということで、運営や試験問題に変化があるのではないかと、大いに注目していました。
(まあ、おそらく数年前から、バタオネ氏は事実上ノータッチであったと予想されますが)
そこで、試験問題に関する講評を書きたいと思います。
受験された方、あるいは次回受験される方は、ご参考にしていただければ幸いです。

「ネタバレ」注意!
(これから試験問題を解こうという方は、お読みにならないことをおすすめします)

2007年度第2回【E級】

・大問1 文章読解(おばあちゃんのお見舞い) 10問
文章のレベルは、これまでと変わらない。
使われている単語も、E級としてほぼ適当である。
ただし、題名にも使われている menengok がE級には厳しい単語なので、これを知らなかった受験生は意味が取りにくかったかもしれない。
1の空欄補充では、aの khawatir はやや厳しいか。
後はE級として適切なレベルと思われる。

・大問2 単語のつづり 5問
・大問3 なかまはずれ 5問
とくにコメントはない。

・大問4 文法など 5問
・大問5 和訳・イン訳 5問
いずれも適切な問題であると思われる。

全体としてイン検全体が難化している中で、E級は10年前からそれほど変わらず、適切なレベルを維持している。
今回の問題も、E級として良問といえるだろう。


コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。